結婚相談所なら婚活・お見合い・ご成婚のトータルサポート Asmari(アスマリ)|中国四国地方で地域密着型の結婚相談所(全国可)

結婚相談所の「仲人型」と「データマッチング型」の違い|おすすめな人の特徴&メリット・デメリットを解説!

こんにちは!アスマリいおりです。

「仲人型とデータマッチング型の違いは?」「おすすめな人の特徴は?」など、どちらを選べばいいか悩んでいる方は多いですよね。

「仲人型」と「データマッチング型」にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

人によりおすすめの方法は異なるため、それぞれの特徴を把握して自分に最も合ったスタイルで婚活を進めましょう。

本記事では、結婚相談所のカウンセラーである筆者が「仲人型」と「データマッチング型」の違いについて、ご紹介していきます。

【比較表】結婚相談所の仲人型とデータマッチング型の違い一覧

仲人型とデータマッチング型の違いを以下の表に比較してまとめました。

項目/スタイル仲人型データマッチング型
サポート体制
出会いの数
料金
成婚率
手軽さ


結論からお伝えすると、成婚に至るまでカウンセラーの手厚いサポートを受けながら婚活を進めたい方は「仲人型」、自分のペース・感覚で手軽に婚活を進めたい方は「データマッチング型」がおすすめです。

上記表の通り、仲人型・データマッチング型にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、自分に合ったスタイルで婚活を進めましょう。

また、どちらか悩んでしまう方は、「仲人型」と「データマッチング型」の長所を良いとこ取りした「ハイブリット型」がおすすめです。

なお、「ハイブリット型」については、「3.どちらか悩んでしまう方はハイブリット型がおすすめ!」で詳しくご紹介しています。

それでは、「仲人型」「データマッチング型」それぞれの特徴を、メリット・デメリットと共に詳しく見ていきましょう。

1.結婚相談所の仲人型とは|おすすめな人の5つの特徴

結婚相談所の「仲人型」とは、担当カウンセラーによる手厚いサポートを受けながら、マンツーマンで婚活を進めていくスタイルのことです。

カウンセリングにより、自身の条件にマッチする相性の良い会員をカウンセラーが紹介してくれます。

成婚に至るまで手厚いサポート・アドバイスを受けることができるため、相性の良い相手と出会いやすく、成功率が高い傾向にある点は大きなメリットと言えるでしょう。

1-2.仲人型のメリット

仲人型の主なメリットは以下の3つです。

  • カウンセラーによる手厚いサポートが受けられる
  • 相性の良い相手との出会いに繋がりやすい
  • 成婚率が高い傾向にある


順に説明していきます。

メリット①:カウンセラーによる手厚いサポートが受けられる

仲人型の最も大きなメリットは、成婚に至るまで担当カウンセラーによる手厚いサポートが受けられる点です。

1人1人に婚活のプロである専任カウンセラーが付き、お見合い対策や交際中の些細な相談に至るまで、きめ細やかなサポートで成婚への手助けをしてくれます。

具体的に受けられる主なサポート内容は以下の通りです。

  • ご希望の条件や期間などを聞き取る目標設定カウンセリング
  • 写真作成・服装相談・自己紹介文添削などのプロフィール作成サポート
  • 日程調整・会話のコツ・お見合い相手対策などのお見合いサポート
  • 連絡の頻度や内容・効果的なデート頻度・プロポーズプランなどの交際サポート
  • 24時間365日対応のLINE相談サポート


なお、カウンセラーサポートの詳細は以下よりご確認ください。

上記の通り、きめ細やかなサポートを受けることができるため、恋愛に自信がない方や婚活に不安がある方にはおすすめです。

メリット②:相性の良い相手との出会いに繋がりやすい

仲人型のメリットとして、相性の良い相手と出会いやすい点が挙げられます。

データマッチング型では、会員の登録データを基にAIが自動で相手をピックアップするのに対し、仲人型ではカウンセラーがお互いの条件・人柄・価値観などを考慮して相性の良い最適なお相手を紹介してくれます。

データだけでは判断できない内面的な要素も含めて相性の良い相手を紹介してもらえるのは、仲人型の大きなメリットと言えるでしょう。

メリット③:成婚率が高い傾向にある

仲人型はデータマッチング型と比較して、成婚率が高い傾向にあります。

成婚率が高い理由として、主に以下の2つが挙げられます。

  • 真剣度の高い会員が集まる
  • 婚活のプロであるカウンセラーによるサポートが受けられる


仲人型は会員数がそこまで多くありませんが、その分結婚に対する真剣度が高い会員が集まっています。

加えて、前述した通り専任のカウンセラーが成婚に至るまでをサポートしてくれるため、自身での活動がメインとなるデータマッチング型と比較して成婚率は高い傾向にあると言えるでしょう。

また、同様の理由で成果が出るのも早い傾向にあるため、早く成果を出したい方にもおすすめです。

1-2.仲人型のデメリット

続いて、仲人型の主なデメリットを見ていきましょう。

  • 料金が高い傾向にある
  • カウンセラーとの相性に左右される
  • 自分のペースで進めにくい


順に説明していきます。

デメリット①:料金が高い傾向にある

仲人型はデータマッチング型と比較して、料金が高い傾向にあります。

仲人型は専任カウンセラーによる手厚いサポートが受けられますが、その分人件費が高くなってしまうのはデメリットと言えるでしょう。

結婚相談所により料金体系は異なりますが、成婚に至るまでに基本的には以下3つの費用が必要になります。

  • 初期費用
  • 月会費
  • 成婚費


上記の3つの費用の内、成婚費がかからないデータマッチング型の結婚相談所もあるため、婚活において「料金の安さ」を重要視している方はデータマッチング型がおすすめです。

なお、仲介型には初期費用が不要な「完全成果報酬型」などのプランもあるため、ご自身の婚活スタイルに合ったプランで検討してみてください。

料金プランの詳細は、以下よりご確認ください。

デメリット②:カウンセラーとの相性に左右される

仲人型では専任のカウンセラーと婚活を進めていくことになりますが、カウンセラーとの相性が悪いと弊害が出て婚活が思うように進まない恐れがあります。

相性が悪い場合の具体的な弊害は以下の通りです。

  • 自身の価値観を押し付けてくる
  • 相談やアドバイス時の口調が厳しい


カウンセラーとの相性が悪く、婚活に支障が出てしまう様であれば、担当変えや結婚相談所の乗り換えを検討した方が良いでしょう。

ただし、カウンセラーに問題がない場合は担当を変えても状況が好転しないケースがほとんどです。

「人にアドバイスをされるのが苦手」という方は、データマッチング型での婚活をおすすめします。

デメリット③:自分のペースで進めにくい

仲人型は、基本的にはカウンセラーからの紹介に合わせて婚活を進めていく流れになります。

人によっては「物足りなさ」や「プレッシャー・ストレス」を感じる恐れもあるため、その点はデメリットになってしまうでしょう。

空いた時間に自分のペースで婚活を進めたい方は、カウンセラーと相談して調節してもらうか、データマッチング型を利用することをおすすめします。

1-3.仲人型がおすすめな人の5つの特徴

上記メリット・デメリットを踏まえて、仲人型がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

  • 成婚に至るまでプロにアドバイスをもらいながら婚活を進めたい
  • プロフ設計やデート当日の服装などの細かい点も随時サポートしてもらいたい
  • 恋愛や婚活に対して不安があり積極的になれない
  • 希望を伝えた上で客観的に自分と相性の良いお相手を紹介してもらいたい
  • 多少費用が高くても早く成果を出したい


上記の特徴に3つ以上当てはまる方は「仲人型」が向いていると言えます。

上記の特徴に当てはまらない方は、次章からご紹介する「データマッチング型」での婚活を検討してみてください。

2.結婚相談所のデータマッチング型とは|おすすめな人の5つの特徴

結婚相談所の「データマッチング型」とは、登録した会員情報を基にAIによる紹介、もしくは自身で検索してオンライン上でお相手を見つけるスタイルのことです。

成婚に至るまでのほとんどを自分で行わなければいけないため、積極的に活動する行動力が必要になります。

仲介型と比較してサポート体制は手薄ですが、ある程度オンラインでの出会いに慣れていれば自分のペースで手軽かつ効率的に婚活を進めることができる点がメリットと言えるでしょう。

2-2.データマッチング型のメリット

データマッチング型の主なメリットは以下の3つです。

  • 豊富な会員の中から条件を指定して検索できる
  • 効率的に相手にアプローチできる
  • オンライン上で相手を探せる


順に説明していきます。

メリット①:豊富な会員の中から条件を指定して検索できる

データマッチング型の大きなメリットの1つとして、会員数の多さが挙げられます。

データマッチング型はメジャーな婚活スタイルであり、仲人型よりも手軽なため、多くの人が利用しています。

また、ネット上で出会いを探すことができるため、県外の人とも出会うことが可能です。

全国に多数いる会員の中から条件を指定して相手を探すことができるため、自分の理想とする異性と出会える確率は高くなるでしょう。

カウンセラーによる紹介はないものの、仲人型よりも会員数が多いのは大きなメリットと言えます。

メリット②:効率的に相手にアプローチできる

異性に対して効率的にアプローチできる点もデータマッチング型のメリットです。

仲人型ではカウンセラーの紹介に合わせて婚活を進めていくのに対し、データマッチング型では自分のペースで効率的に相手にアプローチすることができます。

短期間に複数人の相手とメッセージのやり取りをすることも可能なので、積極的に行動できる方にとっては、データマッチン型は向いていると言えるでしょう。

ただし、アプローチした異性と必ずデートや交際に発展する訳ではありません。

アプローチは効率的に行えますが、次のステップに進めるかは自分の力量次第だと認識しておきましょう。

メリット③:オンライン上で相手を探せる

データマッチング型は、オンライン上で相手を探すことができる点も魅力です。

カウンセラーとマンツーマンで進めていく仲人型とは異なり、ネット環境さえあれば場所や時間を問わずいつでも婚活を進めることができます。

隙間時間にサクサクと相手を探すことができるため、婚活にあまり時間が取れない方にも適したスタイルと言えます。

データマッチング型はマッチングアプリに近いイメージですね…

そうですね!もちろん独身証明書を出しているという安心感がある点では少し違いますが、マッチング=会えるというわけではなので、仕組みとしてはマッチングアプリに近いサービスと言えます。

2-2.データマッチング型のデメリット

続いて、データマッチング型のデメリットを見ていきましょう。

  • 手厚いサポートが受けられない
  • 出会う前の判断要素がデータしかない
  • 実際に出会うまでのハードルが高い


順に説明していきます。

デメリット①:手厚いサポートが受けられない

データマッチング型では、基本的にカウンセラーによるサポートはほとんど受けることができません。

サポート体制を用意している結婚相談所もありますが、マンツーマンの仲人型と比較すると、どうしてもサポート内容は手薄になります。

相手探しはもちろん、日程調整やデートプランの設計など、成婚に至るまでのほとんどを自分で行う必要があるため、積極的に行動できる方でないと成婚までに時間がかかってしまう恐れがあるでしょう。

また、交際中や連絡頻度などの恋愛面に関するアドバイスも受けることができません。

自分から積極的に行動できる方はデータマッチング型で問題ありませんが、恋愛や婚活に不安を持っている方は、仲人型を利用するのがおすすめです。

デメリット②:出会う前の判断要素がデータしかない

データマッチング型では、基本的にプロフィール情報やメッセージのやり取りなどのオンライン上で相手を判断することになります。

多くの結婚相談所ではプロフィール情報は細かく設定できる仕様になっていますが、データだけではお相手の人柄や価値観を判断するのは難しいでしょう。

また、データだけに捉われて、自身と全く釣り合わないお相手を選んでしまう恐れもあります。

仲人型であれば、カウンセラーを通じて事前に人柄や価値観を確かめる事ができるため、ミスマッチを極力減らすことができます。

実際に会ってみれば人柄や価値観などの相性は分かりますが、ミスマッチを極力減らしたい方にはデータマッチング型は向いていません。

デメリット③:実際に出会うまでのハードルが高い

結婚相談所で実際に出会うためには、プロフィール設計がとても重要になります。

データマッチング型はカウンセラーによるサポートが手薄なため、好印象を与える写真や自己紹介文などを自身で作成しなければいけません。

また、出会うまでのメッセージや日程調整なども全て自分で行う必要があります。

相手に好印象を与えるプロフィール作成や、1度も会ったことがない相手とのメッセージは難易度が高いため、慣れていないと全く出会えない可能性もあります。

オンラインでの婚活はテクニックの要素が非常に重要なので、自信がない方は仲人型でサポートを受けながら婚活を進めましょう。

2-3.データマッチング型がおすすめな人の5つの特徴

上記メリット・デメリットを踏まえて、データマッチング型がおすすめな人の特徴は以下の通りです。

  • 出会いのチャンスを増やしたい
  • 自分のペースで婚活を進めたい
  • 婚活にかける費用を極力抑えたい
  • 婚活や恋愛に対して自分から積極的に行動できる
  • オンライン上での出会いにある程度慣れている


上記の特徴に3つ以上当てはまる方は「データマッチング型」が向いていると言えます。

ここまで、「仲人型」と「データマッチング型」のメリット・デメリットをそれぞれご紹介してきましたが、どちらか悩んでしまう方には「ハイブリット型」がおすすめです。

「ハイブリット型」は、「仲人型」と「データマッチング型」の両方の長所を取り入れたスタイルになります。

カウンセラーからの紹介を受けることも、自分のタイミングでお相手を検索して探すことも可能です。

また、成婚に至るまでに手厚いサポートを受けることもできるため、プロフィール作成や異性とのデート・交際に不安がある方でも安心して婚活を進めることができます。

「カウンセラーからの紹介やサポートを受けつつ、自分のペースでも婚活を進めたい」と考えている方にはおすすめのスタイルです。

まとめ:自分に合ったスタイルで婚活を進めよう

本記事では、結婚相談所の「仲人型」と「データマッチング型」の違いについてご紹介しました。

成婚に至るまでカウンセラーの手厚いサポートを受けながら婚活を進めたい方は「仲人型」、自分のペース・感覚で手軽に婚活を進めたい方は「データマッチング型」がおすすめです。

それぞれメリット・デメリットがあるため、自分に最も合ったスタイルで婚活を進めましょう。

また、どちらか悩んでしまう方は、「仲人型」と「データマッチング型」の長所を良いとこ取りした「ハイブリット型」の利用を検討してみてください。

上へ戻る Page Top